海外保険では基本、歯科治療を補償するものはありません。
が、保険会社によって補償されるものも一部あります。

しかし補償がかなり限定的になり、90日の待機期間があったり治療費部分の50%は自己負担だったり
期間を通じて限度額(保険会社によって大体5万円~10万円)が減少していったり…。
例えば、日本で治療した歯の詰め物が取れた際の治療も対象外…等、条件がかなり厳しいものです。

その他よく勘違いされる点では、転んで歯が欠けた等の『事故が起因となる歯の治療』に関しては
歯科治療費用特約」ではなく『治療・救援費用』項目で補償されるのでご留意下さい。

その上で歯科治療付きのプランがいい!という人は、改めて保険会社の支払い条件を
よく確認した上で検討しましょう。

 

image40